2018年9月10日月曜日

weiwei刊行記念、神保町でぼくたちの失敗


9月1日はKBE主催のweiwei刊行記念イベント、ぼくたちの失敗でした。
神保町 試聴室にて。



SET LIST
1. ame
2. oriental
3. shikirou dropper
4. kingdom
5. yume


Psyphozoa。アサヒとジョン、そしてVJはボブ。

塚本有紀の朗読 +アサヒとボブの演奏

weiweiトーク



リハーサル

 煙を吹き出す塚本ゴジラ。塚本くんは東京でずっとずっと煙草を吸っていた。

イベント終わり、出演者のみんなで。お客さんが撮影してくださいました。

今回のエマル新聞。第8号。

塚本くんの朗読、アサヒとジョンとボブのpsyphozoaの演奏、macaroomの演奏、weiwei放談。
主催であり、macaroomのライブに加えてweiweiトークと盛りだくさんだったので、リハからばたばたと忙しく、あっという間だった。
話すのがめちゃくちゃ苦手な私がトークだなんてどうなるのかとはらはらしたけど、なんとか?やり過ごし、楽しんでもらえた様子が垣間見られたのでほっと安心しました。イベント終了後、weiweiを買って帰られる方もちらほらと。嬉しかった。
weiweiのこと、話しきれずなとこもあったけれどそこは雑誌を読んでもらって。演奏や朗読ももっと聴きたいなーとか思う、それぞれ濃くてちょっとずつおつまみ的に楽しめるイベントだった。
いらしたみなさんが楽しんでくれたなら幸いです。
お越しの皆さま、不思議なイベントにお越しいただきありがとうございました。
遠くから出演してくれた塚本くん、ジョンにも感謝。
weiwei終えて、これからそれぞれの創作がどうなるのか楽しみだなと思いました。

weiweiは引き続き、少部数ですが販売していますのでよろしくお願いいたします。詳細はこちら
一部本屋さんに委託販売もしており、先日直接納品に行ってきました。



朝霞駅の中にある町の本屋さん、CHIENOWA BOOK STOREさまに置いていただきました。
アサヒ著のやさしい現代音楽の作曲法も隣に並んでます。
そして監修の川島素晴先生はweiweiの表紙で指揮しているという。この並び、ぜひチェックを。
本屋さんがとても好きな情熱ある店長の町の本屋さんです。
実はweiweiのとあるページにCHIENOWAさんがちらっと出てきます。お近くの方はぜひお立ち寄りを。

朝霞 CHIENOWA BOOK STORE (埼玉)






早稲田大学近くにある、古書 ソオダ水さま。
店主のみはるさんは木石南の大阪時代の知人で、お店は今年オープンしたばかりなのです。
青い色が散りばめられたとても素敵な店内、夏の終わり、その名の通りソオダ水を一気に飲み干すような爽やかな気持ちになりました
weiweiでは古書ソオダ水さんも掲載されていますので、お店も本も要チェックしてください。

早稲田 古書 ソオダ水



購入したスタニスワフ・レムとお店のしおり。macaroomたち。
UNDER HAIRZのTシャツを着た、店主のみはるさん。



荻窪にある町の本屋さん、荻窪 本屋 titleさま。

Twitterで本を一冊一冊丁寧に紹介されているのをみて、行ってみたいなあと思っていた本屋さん。
家からとても遠いからずっと行けてなかったのですが、このたび坂口恭平さんのご本を買いに行きまして、やっぱりとても素敵だな思った。
2階にアートギャラリー、カフェスペースもあり、やっぱりひとつひとつが丁寧に感じられたのでした。
町のふらっと寄りたい本屋さん。お近くの皆様、ぜひお立ち寄りください。

荻窪 本屋 title

そして、本屋さんではないのですが、大阪西心斎橋の三ツ寺会館2Fのおしゃべりサロン、昭和ときめきサロン桃色宇宙さまにもweiweiを置いていただいてます。
店主、桃色じゅんこさんは木石南と縁が深く、このたびのweiweiで大特集してます。
一昨年はじめてお店に遊びに行き、じゅんこさんの世界に圧倒されたのを覚えています。本当、宇宙でした。
大阪にお住いの方はぜひじゅんこさんのお店でweiweiを手に入れてください。
weiweiを読んで遊びに行くのも楽しいかもしれません。ぜひお立ち寄りを。

昭和ときめきサロン桃色宇宙 (大阪) ※Twitterへゆきます


weiweiをどうぞ、よろしくお願いします。
木石兄弟からみた世界が楽しめるはず。付録のmacaroomのCDRには全部違う私のイラスト入りです。
何が当たるかお楽しみに。通販もしていますので、本屋さんに行けない方はこちらより。

CDRこんな感じ。



イベントが終わり、調子が少しおかしいなあと感じ出したのは8月27日からだった、イベントはなんとか乗り切れたがなんだかポキッと急に訳もなく気持ちが折れてしまい、少しざわざわした気持ちのまますごしています。
多分ちょっと疲れたのかもしれないので、ずっとずっと夏始まり頃から思ってた、遠くに行きたい、少しだけひとりになりたいということをしようと来週は少し山口に帰ることにした。
帰ったらたくさん見て、たくさん嗅いで、たくさん聞いてたくさん触れてちょっとばかしぼうっとしたいなと思っている。

macaroomのライブは次回11月まで恐らくお休みです。
そして、しばらくお休みしてた制作に取り掛かりそうです。
これからもどうぞよろしく。

エマル

2018年8月26日日曜日

マカちくUFOの夏休みとお月さんから降りてくる夏終わりのつぶつぶ


8月は駆け抜けた、という感じでweiweiのことちくさんとの合奏のことなどいつの間にかもう8月の終わりに。

8/12は知久さんとツーマンライブでした。笑顔あふれる良きイベントだった。
素敵なオープニングアクトからはじまったのは殺生と絶望さん。お盆。




SET LIST

1 mizuiro
2 shinkirou dropper
3 chess
4 oriental
5 kodomo
yeah, we're low force
7 tombi
8 tsuiraku


知久寿焼×macaroom合奏

1 いちょうの樹の下で
2 いなくていい人
3 電車かもしれない
4 月がみてたよ

~アンコール~
いたわさ

macaroomの写真は稲木紫織さんが撮影してくださいました。










今回はmacaroomの通常の演奏に加え、知久さんの曲をmacaroomアレンジで合奏しました。
macaroomはかなり久しぶりにchessをした。どうだったかしら。
リハから知久さんの楽しいの雰囲気にうれしくなっちゃって、私は解放された犬の気分で、くるくるぴょんぴょん飛んでいた!
お客さんも知久さんのたのしいの雰囲気に巻き込まれて楽しそうで、にこにこ笑顔で、こんな空気を作っているなんてすごいなあと思いました。
お客さんもきっとそのように解放された犬のような気持ちだったのかもしれないね。
知久さんのステージは楽しくって、そして美しい夕焼けをずっとみつめているような気分で、本当に大切なことが何かを教えてくれているような気がしました。

そして合奏、これは本当に知久さんの曲がまず素晴らしいのだけど、macaroomみんなの良さが全部入っているアレンジになっていて、知久さんとmacaroomの良さがバランス良く融合されてたと思う。
いつもの知久さんステージとまた一味違ったステージとなったと思います。

主催の殺生に絶望の鈴木さん、U.F.O. CLUBの皆様にもいつも気持ちの良い対応をしていただき、とても快適に演奏することができました。
みなさま、ライブありがとうございました。

すっごい暑い日に知久さんとmacaroomのリハは一度だけあったのだけど、夏休みみたいな1日だった。
iPhoneのボイスメモ「マカちく 通し」の文字が頭の隅にとても残っています。
知久さんとまた演奏や、なにか一緒にできるといいな。



そして、8月21日は青山の月見ル君想フさんで3人編成ライブでした。

SET LIST

1 akuma
2 shinkirou dropper
3 congo
4 shiori
5 kingdom
6 sinwave





お写真はまたまた稲木紫織さんに撮影していただきました!

初の月見ルさん。大きなお月さまに、ミラーボール、テーブルにはキャンドル。ロマンチックでした。
月ミルさんにはお客さんで2度ほど訪れたことがあり、大きなお月さんがあることを知っていたので、これは宇宙っぽい曲やりたいなあと思ったので最後にsinwaveをしました。演武ありのsinwave初めてだったよ。
shioriも今回少しアレンジ変えて演奏しました。どうだったでしょう。

そして月見ルさんのロマンチックは会場だけではなく、楽屋もだった。
構造が隠れ家みたいな感じで、宇宙船に乗っている~という気分に。
特に出演者用のお手洗いがいい感じにSF感が漂っていて、素敵だった。
個人的には安部公房の方舟さくら丸の舟のなかはこんなイメージだな~という感じ。




いただいたお花も絶妙な青い色が素敵で、ロマンチックでした。お花からもSF感~
お越しのみなさま、ありがとうございました。



さて、次回も迫りくる。
9月1日はweiwei刊行記念イベント、ぼくたちの失敗だ~
自分たちが自主制作した雑誌、weiweiについていろいろお話いたします。
またweiweiで特集した詩人、塚本くんが関西からやってきてくれます。
塚本くんによるポエトリーリーディングと、塚本くん交えたトークも。
私は塚本くんの詩が好きで、なのに無発表なのをやきもきしていたので、このたびweiweiに掲載される運びとなりたいへんうれしく思っている。
塚本くんの絶妙な世界観や人柄も面白いので、ぜひその世界に触れてほしいです。
一度しかお会いしたことないですが、詩人というか、詩そのもののような人。
彼の目から捉える詩的空間を私はもっと体感してみたいです。

ジョン・ボッチ+アサヒによるPsyphozoaの演奏もあります。
二人ユニットの演奏は過去に一度だけ、その時はcubozoaというユニットで、無政府主義的奇跡の宇宙をコンセプトにライブをしてました。当時なんだそれと思って不思議な感覚になったのを覚えている。
「世界中の曲がPsyphozoaの曲である」という境地に至っていまは活動を停止しているので、二人が今後またライブすることはもうないかもしれないです。貴重な演奏になるはず。

ジョン・ボッチを交えたトークも予定してます。
彼はswimming classroomのリリース記念イベント「およぐきょうしつ展」でライブペインティングをしてくれました。macaroomとは長い付き合いの友人であり、塾講師をして子供たちの未来を本気で憂い、毎日フロイドアート作品を描き、DTMで作曲している謎の人、ジョンに悩みを話すとすべてがくだらなくなってくる仙人のような悟りの人です。クジラが好きで数年前からいつか時が来たら会うと心に決め、先日その時が来て、本当に会いに行ってました。ジョンも面白い人なので、ぜひその世界に触れてほしいです。
今回ボブもmacaroomだけでなくてPsyphozoaの映像面で活躍します。こちらも滅多にないので楽しみに。

もちろん、macaroomのライブも。今回も4人そろってです。
今回を終えたらしばらくライブ予定はないので、ぜひご参加ください。




「Kiishi Bros. Entertainment主催『weiwei』刊行記念イベント 〜ぼくたちの失敗〜」 

9/1(土)@神保町 試聴室

出演
macaroom(トーク+演奏)
塚本有紀(ポエムリーディング)
Psyphozoa(アサヒ+ジョン・ボッチによる演奏)

開場 18:30 / 開演 19:00
料金:予約 1,700円 (1ドリンク込)

予約はこちら

weiweiはKBE初のカルチャ―雑誌、8月18日に発売しました。
また詳しく別のブログで書きます。weiweiの購入はこちら


weiwei少しですがイベントでも販売するので購入もできます。
盛りだくさんのイベントになりますのでぜひ楽しみに!

たいへん長くなってしまいました。
まだ暑い夏の残りを味わって、秋を迎えよう。

エマル




2018年7月21日土曜日

真夏、海の日のモナレコードで暑気払い


7/16、海の日はモナレコードで久々フル編成ライブでした。



SET LIST

1 mizuiro
2 homephone TE
3 congress
4 oriental
5 kodomo
6 tsuiraku


写真は稲木紫織さんより。とても素敵に撮影していただきました!












笑顔の4人。macaroom。

なんと、ボブ推しのチェリスト多井智紀さんがライブにきてくださいました。ボブとツーショット。



木石南の演武の様子をちょこっと。初めてtsuirakuで演武。

今回は2か月振りに全員そろってのライブで、個人的には満足だった!個人的に良いライブできたなと満足だったし、好評な声もいただき嬉しい限り。

今回お客さん全然こないのではないかと、ライブする意味あるんかいなともんもんとしていたけど、感動したとの声や初見の方から悩みがふっ飛んだとの声もあって、今日ライブやってよかったって思った。
これからも良い時間を作れるようにがんばろう。お越しくださったみなさま、ありがとうございました!
これなかったみなさまもどうぞ次回、またの機会によろしくね。




エマル新聞第四号と第五号。前回の第四号掲載忘れちゃったので。

あと最近エマルそくほう、なるものをはじめました。主にTwitterでしているんだけれど、私は動画は焦るのでこちらよくわからないままにやっています。


そして次回は知久寿焼さんとmacaroomのツーマンだ!


macaroomと知久さんでコラボ演奏もします。L-Duoさん以来のコラボとツーマンでどきどき。
macaroomで知久さんの曲、「電車かもしれない」をカバーしたことがきっかけでこのたび一緒に演奏する運びとなりました。
macaroomと知久さんの世界がどんなふうに融合するのか、コラボレートするのかすごく楽しみだ。
きっと面白いことになると思います。この機会をどうぞお見逃しなく。目撃よろしくです。

※もしかしたら前売り受付が早めに終了する可能性もあるので、ご予約はお早めにどうぞ。

2018年8月12日(日)東高円寺U.F.O CLUB
【ソングライン Vol.1~知久寿焼×macaroom 2man Live Special~】

macaroom  
知久寿焼  
オープニングアクト:殺生に絶望

open:18:00 / start : 18:30
前売り:2,500(D別) / 当日:3,000(D別)
予約:03-5306-0240 (U.F.O CLUB)




そしてそして、キイシブラザーズエンターテインメントより「weiwei」という初の雑誌を発売します!
アサヒ&みーくんが編集を務め、macaroomで自主制作しました。
weiweiはふざけることをテーマに、芸術・ファッション・文化・土地などを扱ってます。
8月18日(土)発売予定。 


こちらが表紙。

川島素晴先生×エマル。エマルを指揮する川島素晴。
木石南にコンセプトを聞いて撮影に挑んだ日、川島先生は完璧に完璧な角度でふざけていて、完璧にふざけた身のこなしを一瞬で演じていた。流石だわ、、!と思いつつ、ええい、なにくそ!と私も張り切って挑みました。

8月18日発売、予約は7月27日までです。締め切りもうすぐなのでお早めに。
恐らく予約部数以外はあまり刷りません!限定の雑誌なので売り切れごめんです。
こちらもぜひぜひお楽しみに!


タイトル:「weiwei | 創刊号 2018 SUMMER」

【特集内容】
●ふざけるひとびと(釘バットさん / ふゆのもか / 立花孝志 / 大橋昌信 / くぼた学 / shouki / Zoromegaten / 川島素晴 / ジョン・ボッチ / 坂本正樹 / 古書ソオダ水 / 町の高校生 / 他) ●特集=無発表詩人・塚本有紀 ●インタビュー=桃色じゅんこ(昭和ときめきサロン桃色宇宙) ●macaroom大辞典 ●パブリックスペースのすべて(大垣正樹×木石南) ●GEEK FASHION 2018 ●書き下ろし短編小説『糞まみれジョセフィーヌ』(木石岳)
●付録=CD-R “macaroom  – tombi (techno remix)

本体価格:2,500円(前後する可能性あり)
発売日:8月18日(前後する可能性あり)
型:A5サイズ、オールカラー、150ページ前後

詳細はこちら


weiwei刊行記念イベントも企んでます!9月1日。予定を明けておいてください。
またこちらの詳細は改めて。



どばどばどどど!とお知らせごめんなさい。なんだか今年は駆け抜けている感満載だ。

連絡できていない会えていない人たちの顔が浮かんでは大丈夫かなと思って、でも忙しさでそのまま。
いつもいろんな人のことが気に掛かっている。どうか楽しくやっていますように。
どうか今年もみんなが健康で快適に過ごせますように


エマル