2018年7月1日日曜日

夢のなかの試聴室

前回のブログで梅雨入りしたなと思っていたら梅雨明け。今年は一瞬だったね。
6/23は神保町 試聴室でした。





ライブのお写真は稲木紫織さんよりいただきました。

SET LIST

you
shinkirou dropper
akuma
kodomo
shiori
congo
yume

今回は3人だったのと、梅雨だということとで弾き語りな感じの選曲。
久しぶりにkodomoとshioriを。

試聴室初めてでした。
天井が高くて、素敵なところだった。






リハの時に雨が天井をたたく音がして、演奏に混じって心地く響いてました。
本番ではすっかり上がってしまって、うれしいような少し残念なような、それをMCで話したら、対バンだったミンモアのボーカルの方に「わたしは唐揚げを揚げている音だと思っていました」と静かに話しかけられた。
不思議な会話だったなあ、まさに夢の中みたいだなあと振り返って思う。

白っぽい空から雨がたくさん降って、おんどはちょうどよく、天井の高い室内で、光と影が落ちてきて、部屋のなかにはめにみえないなにかがゆっくりぐるりと円を描いてるみたいに感じた。
ライブが終わり、雨も上がり、外に出るとお客さんのひとりが、あ、月だ!と指をさし、向くとすっかり綺麗なお月さまがおりました。
静かな夢のなかの秘密の音楽会という感じでした。

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。


3人。


次回は下北沢モナレコードです。
2ヶ月ぶりくらいでボブもいるフル編成でのライブ。この日はエレクトロニカ感満載なセットでいくつもり。
macaroomは2番手、19時15分頃より。


ぜひお越しください。



7/16(月・祝) @下北沢モナレコード 
KITAZAWA NIGHT CRUISE

uminism / macaroom / quiet finis / 活動寫眞

【時間】 open 18:00 / start 18:30
【料金】 前売¥2000 / 当日¥2300 

<TIME TABLE>
18:30 - 19:05 quiet finis
19:15 - 19:50 macaroom 
20:00 - 20:35 活動寫眞
20:45 - 21:20 uminism

予約はこちらより

フライヤー画像の豪華客船よ。
フライヤーを制作したモナレコの坂本さんのこと、勝手に下北沢のアルパチーノと呼んでるんだが、これはゴッドファーザー的感覚からくるのかしら。
アルパチーノ坂本がクルーザーで不敵な笑みを浮かべている姿が浮かびます。

当日はクルーザーは出ませんので、音楽食堂である下北沢モナレコードにお越しください。





先日macaroomで知久寿焼さんのライブへ行きました。吉祥寺マンダラ。
知久さんの世界にずんと引き込まれた時間だった。
コラボ、ますます楽しみになってきました。
8/12は知久さんと東高円寺U.F.O CLUBでツーマン!
こちらもまたお知らせします。

ほかにもちょこちょこっとお知らせありますので気にしてくれるとうれしい。


エマル



2018年6月10日日曜日

梅雨のあしおと


梅雨入りしたとかしていないとか。
じとっとした日がやってきたけど、今年は昨年より爽やかに感じる。
緩やかに暑くなっている気がしますがいかがでしょう。

6月は私の中で神秘的で美しい月なイメージ。
そこらで顔をみせる紫陽花の色はまだらでむらがあって、窓についた雨粒は世界の境界線をぼやかしてくれるし、アスファルトが雨でてらてら輝く。曇った日は部屋に青白い光が入ってきて、部屋の中のものたちと優しく会話する。神秘的な美しさたち。

今年はいろいろとありがたいことに忙しくなってきています。
メンバーそれぞれの活動も目立つしね。

今月のライブのお知らせを。
次回、神保町 試聴室というところでライブ出演します。
初めての場所、しかも本のまちだよ。
どうぞみなさん、お越しください!今回もボブ多忙につき不在のため3人編成となります。


2018年6月23日(土)
場所:神保町試聴室

macaroom / ミンモア / 滝沢朋恵 
open:18:00 / start : 18:30
前売り:2,500(D別) /

予約はこちらより 


そして、macaroomの作曲担当アサヒ(木石岳)が「はじめての〈脱〉音楽 やさしい現代音楽の作曲法」を出版しまして、6月13日(水)に刊行記念のトークイベントに出演します。
ジョン・ケージ企画でお世話になった川島素晴先生、新垣隆さんとご一緒です。
「もうすぐ消滅する作曲家という職業を考える」というトークテーマらしく面白そう。
もう今週のできごと。興味あれば足を運んでみてください。詳細はこちらより


ボブも今週、6月16日(土)に新しいユニットで初ライブ。未来音楽会議、CAGE INのイベントで一緒だったSaki̪汐音さんとの新しいプロジェクト、Affineというドローイングエレクトロニカユニットをはじめたそう。
共演で我らがJobanshiさんとコラボするとのこと。
こちらも良かったら足を運んでみてください。詳細はこちらより











実は大掛かりな雑誌制作も進行中。キイシブラザーズエンタテインメントの自主制作です。
こちらは試作版をみてみんなで話合っているところ。
水面下で去年の終わりくらいからこっそり進行しておりました。
アサヒとみーくんが編集を務めており、なかなかに面白い雑誌になりそうです。
こちら良いものにすべく時間かけて制作しておりので、出版までもう少しかかりそう。
お楽しみに!

















知人に連れてってもらった下北沢namidaという小料理屋さんの料理たち。
器もお料理も美しくて五感がとても楽しいお食事だった!
贅沢な時間を過ごしたので、このあと悪いこと起きたりせんやろうかと少しびくびくしているネガティブ。
路上で飲むのも居酒屋で飲むのもお家で飲むのも好きだけど、たまにこんな時間を過ごすのもうれしい。
















髪をたくさん切りました!
だいぶ印象変わったので誰かわからなくなったかもしれません。


7月8月のお知らせもあるので、またブログを更新します。

エマル

2018年5月27日日曜日

2018年の5月のライブ後記と

もうすぐ退場する5月のライブ後記を。

5月5日にぽらぽら。さん主催のイベント、ぽらふぇす。に出演しました。



SET LIST

1 mizuiro
2 kingdom
tombi
4 yume

少し前になるのでセットリストちょっと曖昧ですがこんな感じだったはず。
大塚Hearts+初のハコでした。
トンビは映像ありで初披露。どうだったかしら。演武ありきも板についてきました。
写真はボブがステージ上でめっちゃ撮っていたので不思議な位置からの写真です。
この日、ボブは冴えまくっていて、テンションがものすごく上がっていて、イベントをものすごく楽しんでいたので、ステージ上の撮影&実況つぶやきばんばんしてました。
ライブ来れなかった方もボブのつぶやきで雰囲気つかめたかも。笑


出番前にボブに撮られていた写真。




アサヒ&みーくん。控室にて。ウエストワールドごっこばっかりしてました。


出演前に五禽戯の動き。中国武術の動物の動きで身体をほぐすのです。みーくんに指導してもらいつつ。
鳥は本当に飛び立てそうな気持になるのでおすすめです。


ぽらぽらさんのフェスではたくさんの出演者がおりまして、アーティスト考案ドリンクなるものも出ておりました。macaroomはコーラ×コーラで資本主義を。
通常のコーラは300円だったので、資本主義を注文されたお客さんに、ただのコーラじゃないか!と怒られました。そうです、ただのコーラなのですよ。資本主義は怖いね!



エマル新聞第1号と第2号。下書きなしにいきあたりばったりに書いていく新聞。こんな内容になってます。
しょうもないことしか書きませんけど、ライブごとに執筆&発行するので良かったらもらってね。


5月23日は三軒茶屋GRAPEFRUIT MOONに出演しました。


 SET LIST

tombi
shinkirou dropper
3 ame
4 congo
5 sinwave
yume





久しぶりにameを演奏したらその日は雨であった。
グレープフルーツムーンも初のハコ。
とても演奏しやすくて、気持ちのいい落ち着いた雰囲気の素敵なところでありました。
久しぶりにトップバッターの演奏だったから絶対びいるをのむぞ、と決めており、演奏聴きながらびいるを飲むという贅沢もできた。
みーくんはひどい虫歯の痛みが引かずに、やや真っ青になりながら演武をしました。
なんとか今は落ち着いているらしいので、よかった。



グッツもたくさん増えてきている。macaroonチョコはみなさん、裏のポエムは何が当たるかお楽しみという感じでくじ引き感覚で購入してゆきます。何が当たるのか私も楽しみになってきている。
ぽらふぇすで2枚購入してくれたお客さんは、引いたポエムを見て、「これははずれですかね。」と言っていた。笑 はずれなんてないのでね!
私はただの言葉を書いているため、「ちかくかびん」とか当たっても気にしないで。
意味は無視してデザイン感覚でお楽しみください。(しかし、邪悪な強い言葉は使わないつもり。



エマル新聞3号。バックナンバーありますので、ほしい方はライブ会場で声かけてくれたら差し上げます。




いただいた差し入れのプレゼント。鳩サブレ。
最近鳥になるため差し入れてくれたのだろう、ありがとうございます。
そして、エネルギージェル。笑
ウイーダーインゼリーの名前を間違えてエネルギージェルと発言したことがきっかけで差し入れてくださった。 いただいて笑ってしまった。
差し入れをありがとうございます。私の頭の中はちゃぐちゃです。




雨降りの帰り道に白が素敵に飛び込んできたお花。
湿った壁の感じと、濃い葉っぱの緑が白をばんっとさせて美しかった。
急いで撮ったからちょっとボケてしまったけど。

最近はけっこう忙しいmacaroomです。
ライブ予定も埋まってきているし、秘密の雑誌制作も進んでます。あと、秘密の知久さんプロジェクトも。
このあたりはまた時が来たらお知らせします。

アサヒは本を出版してトークイベントがあったり、ボブは新しいユニット活動を始めて来月初ライブ。
みーくんも東京でカンフー教室を考え中と、それぞれの活動も忙しくなってきました。
このあたりはまたそれぞれのTwitterやブログをチェックしてみてください。

ではでは、次回は6月23日神保町の試聴室。また詳しくお知らせします。

エマル





2018年5月3日木曜日

5月のライブの予定


次回のライブのお知らせを。
ブログでの告知遅くなってしまいました。

5月は今のところ2本ライブが決まってますので、ぜひお誘い合わせのうえお越しください。




ぽらぽら。さんのぽらふぇすに出演します。5月5日。こどもの日。
このような大型の大勢の人たちが集うフェススタイルの出演は初めてだ。大塚Heartsも初めて。
macaroomは16時頃の出演予定です。
それとアーティストドリンクというものがあるらしく、アーティスト考案のカクテルを提供するらしい。
macaroomはノンアルコールドリンク、コーラ×コーラで「資本主義」というドリンクです。
魔が差した際にご注文ください!どうぞよろしく!

【ぽらふぇす2018】

会場:大塚HEARTS+

出演:
macaroom / ぽらぽら。 / Cutie Pai / プラムソニック / その名はスペィド / JUN FANTATHEATER / Omodaka / HAMIDASYSTEM / SAKA-SAMA / CrazyRomantic / VALKILLY / 武井麻里子 / イロハマイ / きゅるきゅるすたあ / 狂い咲けセンターロード / レコライド / ときめきエキスプレス / Kus Kus / バーチャルボーイズ / KOTO / ようなぴ (ゆるめるモ!) / ■DJ / レイブマン / bom / ヤチムラケイ / Yasushi.K / ■VJ / ポータサウンズ / ASTERIX!

open:14:30 / start : 15:00 
前売り:3,400(D別) / 当日:¥3,600(D別)
予約はメール(emaru0814@gmail.com)、Twitter(@emaru_macaroom)へどうぞ。




5月23日は三軒茶屋グレープフルーツフルーツムーン。
こちらも初めて。今回久々に平日の出演です。そのため、ボブは今回おりませんので3人です。
素敵な出演者さんたちで演奏楽しみです。macaroomは久しぶりのトップバッター。
よろしくね。

【tomorrow's planet】 
会場:三軒茶屋 GRAPEFRUIT MOON
出演:macaroom / 汽葉ケイスケ / 奈良ゆい / Siraska
open:18:30 / start : 19:00
前売り:2,300(D別) / 当日:¥2,800(D別)
予約はこちら 



最近ウエストワールドという海外ドラマをみました。
めちゃめちゃに面白くて面白くて、好みすぎの内容にもうありがとうという気持ち。
待っていましたという感じでマトリックス以来の心地の興奮だった。
あんまりドラマを見んので、海外ドラマはこのようにすべてハイクオリティなのだろうかとびっくりした。

たまにはドラマも楽しい。


エマル




2018年4月28日土曜日

およぐきょうしつ展を終えて


4月22日(日)は自主企画、swimming classroomリリース記念イベントを開催しました!
おんがく、しゃしんてん、ライブペインティングと盛りだくさんでした。


macaroom SET LIST

1 akuma
2 tombi
3 shinkirou dropper
4 congo
5 sinwave
6 mizuiro
7 yeah, we're low force
8 yume

-アンコール-
oriental




Jobanshiさんの演奏からスタート。木石兄弟がご挨拶。
展示している写真をみたりおしゃべりする空間をJobanshiさんに演出してもらいました。
Jobanshiさんの演奏はmacaroomの楽曲をアンビエントにちょっぴりサイケにアレンジしたもので、会場内を一気に気持ち良い、滝の近くにいるような空間に変えてくれたのだった。マイナスイオンだ!って思った。
この日は少し暑い初夏のような温度で、そして明るい夕暮れ時におんがくがはじまったので、私はすぐにでもビールを飲みたい気持ちでいっぱいだった。










木石南ことみーくんの展示はこのような感じで。これまでmacaroomのジャケ写撮影で撮りためてきたものや、みーくんが個人的に撮影した来たものを展示していました。すべてフィルム撮影の作品。
カメラ、写真好きのお客さんも結構きていて楽しそうにしていてうれしかった。
展示した写真も販売していたので、購入してくださったお客さんとぱちり。






オープニングアクトの牧野令さんとVJの大塚真由さん。そしてライブペインティングのジョン・ボッチ。
やさしき心地よきフォークソング。我が故郷よ!と心は遠く遠くに旅立ってました。
そして牧野さんとジョンはやっぱり雰囲気似ていた。






に角すいさん。そして書き続けるジョン。
自分たちのライブが控えていることも忘れて演奏楽しんだ。
ひとつひとつの動きに注目するピアノとうたごえの踊りだわ、という感じで素敵だった。


そしてmacaroom。稲木紫織さんに撮影していただきました!













今回は2人編成、3人編成、4人編成全部のバージョンで演奏してみました!
いかがだったでしょう。2人編成でもVJを入れてみたり、アレンジもまたいろいろと変えてみましたよ。


フィルムカメラで岩田将宏さんにも撮影をしていただいたよ。







ジョンの絵と。



完成したジョンの絵。完成といわれたあとも絵具がぽたぽた垂れておりました。うごくえ。およぐえ。









今回グッズをたくさん用意しまして。チョコは完売しました!下関に引き続きチョコ人気。ありがとう。
みなさん、チョコにある私のひとことポエム結構楽しんでくれてうれしかったです。
大凶引いた!とかなんとか。チョコ食べながら座り込んでイベント楽しんでくれてた方もいて、なんかうれしかった。

エマル新聞も記念すべき第一号なのでめっちゃ配りまわったよ。もらってくれありがとうございます。
今度は号外、号外!号外だよ!って叫んで配りたい。

そして1stアルバムを手掛けてくれたシズマユウコ氏がmacaroomトートを作ってくれた!
これ全部手縫いなのよ。とても丁寧に作られており感動した。限定品なのです。裏にロゴも入っているよ。
そして大きなおよぐポスター! ジャケのポスターも素敵でしょ。
今回これなかった方も、次回以降もきっと販売すると思うのでよかったら手に入れてね。




いただいたお茶と酒粕!
お気遣いをすみません、ありがとうございます。
私は朝あついお茶を1杯飲むことを楽しみにしているため、とてもうれしい。
そしてこんな高級な八海山の酒粕をいただいてしまった。
最近粕汁にはまったので、おいしい粕汁をつくります。

macaroom企画も4回目を終えました。

今回はみんなに流れる穏やかなやさしさのエネルギーが動いて動いて、やわらかなハッピーな膜が包んでいるような感じだった。まさにおよぐきょうしつ展。
そして各所で「水」という言葉が啓示的に頭に浮かんでおりました。

3rdアルバムの節目がつき、やっと旅立てた感じです。
きてくれたみなさん、出演者のみなさん、スタッフのみなさん、これなかったけど心の中でお祝いしてくれたみなさんありがとうございます!

これからも楽しいことつくっていきますので、どうぞご注目ください。
またいろいろとお知らせできることがぽつぽつと控えているのでお楽しみに。

エマル