2018年7月21日土曜日

真夏、海の日のモナレコードで暑気払い


7/16、海の日はモナレコードで久々フル編成ライブでした。



SET LIST

1 mizuiro
2 homephone TE
3 congress
4 oriental
5 kodomo
6 tsuiraku


写真は稲木紫織さんより。とても素敵に撮影していただきました!












笑顔の4人。macaroom。

なんと、ボブ推しのチェリスト多井智紀さんがライブにきてくださいました。ボブとツーショット。



木石南の演武の様子をちょこっと。初めてtsuirakuで演武。

今回は2か月振りに全員そろってのライブで、個人的には満足だった!個人的に良いライブできたなと満足だったし、好評な声もいただき嬉しい限り。

今回お客さん全然こないのではないかと、ライブする意味あるんかいなともんもんとしていたけど、感動したとの声や初見の方から悩みがふっ飛んだとの声もあって、今日ライブやってよかったって思った。
これからも良い時間を作れるようにがんばろう。お越しくださったみなさま、ありがとうございました!
これなかったみなさまもどうぞ次回、またの機会によろしくね。




エマル新聞第四号と第五号。前回の第四号掲載忘れちゃったので。

あと最近エマルそくほう、なるものをはじめました。主にTwitterでしているんだけれど、私は動画は焦るのでこちらよくわからないままにやっています。


そして次回は知久寿焼さんとmacaroomのツーマンだ!


macaroomと知久さんでコラボ演奏もします。L-Duoさん以来のコラボとツーマンでどきどき。
macaroomで知久さんの曲、「電車かもしれない」をカバーしたことがきっかけでこのたび一緒に演奏する運びとなりました。
macaroomと知久さんの世界がどんなふうに融合するのか、コラボレートするのかすごく楽しみだ。
きっと面白いことになると思います。この機会をどうぞお見逃しなく。目撃よろしくです。

※もしかしたら前売り受付が早めに終了する可能性もあるので、ご予約はお早めにどうぞ。

2018年8月12日(日)東高円寺U.F.O CLUB
【ソングライン Vol.1~知久寿焼×macaroom 2man Live Special~】

macaroom  
知久寿焼  
オープニングアクト:殺生に絶望

open:18:00 / start : 18:30
前売り:2,500(D別) / 当日:3,000(D別)
予約:03-5306-0240 (U.F.O CLUB)




そしてそして、キイシブラザーズエンターテインメントより「weiwei」という初の雑誌を発売します!
アサヒ&みーくんが編集を務め、macaroomで自主制作しました。
weiweiはふざけることをテーマに、芸術・ファッション・文化・土地などを扱ってます。
8月18日(土)発売予定。 


こちらが表紙。

川島素晴先生×エマル。エマルを指揮する川島素晴。
木石南にコンセプトを聞いて撮影に挑んだ日、川島先生は完璧に完璧な角度でふざけていて、完璧にふざけた身のこなしを一瞬で演じていた。流石だわ、、!と思いつつ、ええい、なにくそ!と私も張り切って挑みました。

8月18日発売、予約は7月27日までです。締め切りもうすぐなのでお早めに。
恐らく予約部数以外はあまり刷りません!限定の雑誌なので売り切れごめんです。
こちらもぜひぜひお楽しみに!


タイトル:「weiwei | 創刊号 2018 SUMMER」

【特集内容】
●ふざけるひとびと(釘バットさん / ふゆのもか / 立花孝志 / 大橋昌信 / くぼた学 / shouki / Zoromegaten / 川島素晴 / ジョン・ボッチ / 坂本正樹 / 古書ソオダ水 / 町の高校生 / 他) ●特集=無発表詩人・塚本有紀 ●インタビュー=桃色じゅんこ(昭和ときめきサロン桃色宇宙) ●macaroom大辞典 ●パブリックスペースのすべて(大垣正樹×木石南) ●GEEK FASHION 2018 ●書き下ろし短編小説『糞まみれジョセフィーヌ』(木石岳)
●付録=CD-R “macaroom  – tombi (techno remix)

本体価格:2,500円(前後する可能性あり)
発売日:8月18日(前後する可能性あり)
型:A5サイズ、オールカラー、150ページ前後

詳細はこちら


weiwei刊行記念イベントも企んでます!9月1日。予定を明けておいてください。
またこちらの詳細は改めて。



どばどばどどど!とお知らせごめんなさい。なんだか今年は駆け抜けている感満載だ。

連絡できていない会えていない人たちの顔が浮かんでは大丈夫かなと思って、でも忙しさでそのまま。
いつもいろんな人のことが気に掛かっている。どうか楽しくやっていますように。
どうか今年もみんなが健康で快適に過ごせますように


エマル











2018年7月1日日曜日

夢のなかの試聴室

前回のブログで梅雨入りしたなと思っていたら梅雨明け。今年は一瞬だったね。
6/23は神保町 試聴室でした。





ライブのお写真は稲木紫織さんよりいただきました。

SET LIST

you
shinkirou dropper
akuma
kodomo
shiori
congo
yume

今回は3人だったのと、梅雨だということとで弾き語りな感じの選曲。
久しぶりにkodomoとshioriを。

試聴室初めてでした。
天井が高くて、素敵なところだった。






リハの時に雨が天井をたたく音がして、演奏に混じって心地く響いてました。
本番ではすっかり上がってしまって、うれしいような少し残念なような、それをMCで話したら、対バンだったミンモアのボーカルの方に「わたしは唐揚げを揚げている音だと思っていました」と静かに話しかけられた。
不思議な会話だったなあ、まさに夢の中みたいだなあと振り返って思う。

白っぽい空から雨がたくさん降って、おんどはちょうどよく、天井の高い室内で、光と影が落ちてきて、部屋のなかにはめにみえないなにかがゆっくりぐるりと円を描いてるみたいに感じた。
ライブが終わり、雨も上がり、外に出るとお客さんのひとりが、あ、月だ!と指をさし、向くとすっかり綺麗なお月さまがおりました。
静かな夢のなかの秘密の音楽会という感じでした。

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。


3人。


次回は下北沢モナレコードです。
2ヶ月ぶりくらいでボブもいるフル編成でのライブ。この日はエレクトロニカ感満載なセットでいくつもり。
macaroomは2番手、19時15分頃より。


ぜひお越しください。



7/16(月・祝) @下北沢モナレコード 
KITAZAWA NIGHT CRUISE

uminism / macaroom / quiet finis / 活動寫眞

【時間】 open 18:00 / start 18:30
【料金】 前売¥2000 / 当日¥2300 

<TIME TABLE>
18:30 - 19:05 quiet finis
19:15 - 19:50 macaroom 
20:00 - 20:35 活動寫眞
20:45 - 21:20 uminism

予約はこちらより

フライヤー画像の豪華客船よ。
フライヤーを制作したモナレコの坂本さんのこと、勝手に下北沢のアルパチーノと呼んでるんだが、これはゴッドファーザー的感覚からくるのかしら。
アルパチーノ坂本がクルーザーで不敵な笑みを浮かべている姿が浮かびます。

当日はクルーザーは出ませんので、音楽食堂である下北沢モナレコードにお越しください。





先日macaroomで知久寿焼さんのライブへ行きました。吉祥寺マンダラ。
知久さんの世界にずんと引き込まれた時間だった。
コラボ、ますます楽しみになってきました。
8/12は知久さんと東高円寺U.F.O CLUBでツーマン!
こちらもまたお知らせします。

ほかにもちょこちょこっとお知らせありますので気にしてくれるとうれしい。


エマル



2018年6月10日日曜日

梅雨のあしおと


梅雨入りしたとかしていないとか。
じとっとした日がやってきたけど、今年は昨年より爽やかに感じる。
緩やかに暑くなっている気がしますがいかがでしょう。

6月は私の中で神秘的で美しい月なイメージ。
そこらで顔をみせる紫陽花の色はまだらでむらがあって、窓についた雨粒は世界の境界線をぼやかしてくれるし、アスファルトが雨でてらてら輝く。曇った日は部屋に青白い光が入ってきて、部屋の中のものたちと優しく会話する。神秘的な美しさたち。

今年はいろいろとありがたいことに忙しくなってきています。
メンバーそれぞれの活動も目立つしね。

今月のライブのお知らせを。
次回、神保町 試聴室というところでライブ出演します。
初めての場所、しかも本のまちだよ。
どうぞみなさん、お越しください!今回もボブ多忙につき不在のため3人編成となります。


2018年6月23日(土)
場所:神保町試聴室

macaroom / ミンモア / 滝沢朋恵 
open:18:00 / start : 18:30
前売り:2,500(D別) /

予約はこちらより 


そして、macaroomの作曲担当アサヒ(木石岳)が「はじめての〈脱〉音楽 やさしい現代音楽の作曲法」を出版しまして、6月13日(水)に刊行記念のトークイベントに出演します。
ジョン・ケージ企画でお世話になった川島素晴先生、新垣隆さんとご一緒です。
「もうすぐ消滅する作曲家という職業を考える」というトークテーマらしく面白そう。
もう今週のできごと。興味あれば足を運んでみてください。詳細はこちらより


ボブも今週、6月16日(土)に新しいユニットで初ライブ。未来音楽会議、CAGE INのイベントで一緒だったSaki̪汐音さんとの新しいプロジェクト、Affineというドローイングエレクトロニカユニットをはじめたそう。
共演で我らがJobanshiさんとコラボするとのこと。
こちらも良かったら足を運んでみてください。詳細はこちらより











実は大掛かりな雑誌制作も進行中。キイシブラザーズエンタテインメントの自主制作です。
こちらは試作版をみてみんなで話合っているところ。
水面下で去年の終わりくらいからこっそり進行しておりました。
アサヒとみーくんが編集を務めており、なかなかに面白い雑誌になりそうです。
こちら良いものにすべく時間かけて制作しておりので、出版までもう少しかかりそう。
お楽しみに!

















知人に連れてってもらった下北沢namidaという小料理屋さんの料理たち。
器もお料理も美しくて五感がとても楽しいお食事だった!
贅沢な時間を過ごしたので、このあと悪いこと起きたりせんやろうかと少しびくびくしているネガティブ。
路上で飲むのも居酒屋で飲むのもお家で飲むのも好きだけど、たまにこんな時間を過ごすのもうれしい。
















髪をたくさん切りました!
だいぶ印象変わったので誰かわからなくなったかもしれません。


7月8月のお知らせもあるので、またブログを更新します。

エマル

2018年5月27日日曜日

2018年の5月のライブ後記と

もうすぐ退場する5月のライブ後記を。

5月5日にぽらぽら。さん主催のイベント、ぽらふぇす。に出演しました。



SET LIST

1 mizuiro
2 kingdom
tombi
4 yume

少し前になるのでセットリストちょっと曖昧ですがこんな感じだったはず。
大塚Hearts+初のハコでした。
トンビは映像ありで初披露。どうだったかしら。演武ありきも板についてきました。
写真はボブがステージ上でめっちゃ撮っていたので不思議な位置からの写真です。
この日、ボブは冴えまくっていて、テンションがものすごく上がっていて、イベントをものすごく楽しんでいたので、ステージ上の撮影&実況つぶやきばんばんしてました。
ライブ来れなかった方もボブのつぶやきで雰囲気つかめたかも。笑


出番前にボブに撮られていた写真。




アサヒ&みーくん。控室にて。ウエストワールドごっこばっかりしてました。


出演前に五禽戯の動き。中国武術の動物の動きで身体をほぐすのです。みーくんに指導してもらいつつ。
鳥は本当に飛び立てそうな気持になるのでおすすめです。


ぽらぽらさんのフェスではたくさんの出演者がおりまして、アーティスト考案ドリンクなるものも出ておりました。macaroomはコーラ×コーラで資本主義を。
通常のコーラは300円だったので、資本主義を注文されたお客さんに、ただのコーラじゃないか!と怒られました。そうです、ただのコーラなのですよ。資本主義は怖いね!



エマル新聞第1号と第2号。下書きなしにいきあたりばったりに書いていく新聞。こんな内容になってます。
しょうもないことしか書きませんけど、ライブごとに執筆&発行するので良かったらもらってね。


5月23日は三軒茶屋GRAPEFRUIT MOONに出演しました。


 SET LIST

tombi
shinkirou dropper
3 ame
4 congo
5 sinwave
yume





久しぶりにameを演奏したらその日は雨であった。
グレープフルーツムーンも初のハコ。
とても演奏しやすくて、気持ちのいい落ち着いた雰囲気の素敵なところでありました。
久しぶりにトップバッターの演奏だったから絶対びいるをのむぞ、と決めており、演奏聴きながらびいるを飲むという贅沢もできた。
みーくんはひどい虫歯の痛みが引かずに、やや真っ青になりながら演武をしました。
なんとか今は落ち着いているらしいので、よかった。



グッツもたくさん増えてきている。macaroonチョコはみなさん、裏のポエムは何が当たるかお楽しみという感じでくじ引き感覚で購入してゆきます。何が当たるのか私も楽しみになってきている。
ぽらふぇすで2枚購入してくれたお客さんは、引いたポエムを見て、「これははずれですかね。」と言っていた。笑 はずれなんてないのでね!
私はただの言葉を書いているため、「ちかくかびん」とか当たっても気にしないで。
意味は無視してデザイン感覚でお楽しみください。(しかし、邪悪な強い言葉は使わないつもり。



エマル新聞3号。バックナンバーありますので、ほしい方はライブ会場で声かけてくれたら差し上げます。




いただいた差し入れのプレゼント。鳩サブレ。
最近鳥になるため差し入れてくれたのだろう、ありがとうございます。
そして、エネルギージェル。笑
ウイーダーインゼリーの名前を間違えてエネルギージェルと発言したことがきっかけで差し入れてくださった。 いただいて笑ってしまった。
差し入れをありがとうございます。私の頭の中はちゃぐちゃです。




雨降りの帰り道に白が素敵に飛び込んできたお花。
湿った壁の感じと、濃い葉っぱの緑が白をばんっとさせて美しかった。
急いで撮ったからちょっとボケてしまったけど。

最近はけっこう忙しいmacaroomです。
ライブ予定も埋まってきているし、秘密の雑誌制作も進んでます。あと、秘密の知久さんプロジェクトも。
このあたりはまた時が来たらお知らせします。

アサヒは本を出版してトークイベントがあったり、ボブは新しいユニット活動を始めて来月初ライブ。
みーくんも東京でカンフー教室を考え中と、それぞれの活動も忙しくなってきました。
このあたりはまたそれぞれのTwitterやブログをチェックしてみてください。

ではでは、次回は6月23日神保町の試聴室。また詳しくお知らせします。

エマル